トランプも金正恩もプーチンも習 近平も、第二次朝鮮戦争開始を決定することはできない。国家を超えた、根源的階層、国体勢力、が戦争の決定権を、見えない場所で、握っている。 

あれは何だ? 鳥か? 種子島から打ち上げたのか? 北朝鮮の●●か?


米空軍
「80キロ以上は宇宙とします」

国際航空連盟
「100キロ以上は宇宙とします」

日本
「高度550キロ、我が国の上空を●●が通過した!」


ホリエモンが、Jアラート、こんなんでおれを起こすな! とな。 

そんなアホ騒ぎより、大事な知っておくべきこと。

トランプも金正恩もプーチンも習 近平も、第二次朝鮮戦争開始を決定することはできない。国家のリーダーがそれをするのではなく、国家を超えた、根源的階層、国体勢力、が戦争の決定権を、密かに見えない場所で、握っている。




(以下の記事を転載はじめ)


危機煽り政権維持!<本澤二郎の「日本の風景」(2718)
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52183604.html

2017年08月29日 「ジャーナリスト同盟」通信



<異常・異様な日本政府>

 北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射(8月29日朝)したことに対する、日本政府の異常な反応が世界の関心を集めている。

聞いたこともないJアラートなる警報を発して、国民の危機を煽りまくるのだ。漫画の世界に追い込まれたような列島である。「とうとう安倍は、本当に狂ってしまったらしい。安倍だけではない、河野も小野寺もだ。稲田だともっとサマになったかもしれない」と知り合いがダジャレの電話をしてきた。

「危機を煽りまくることで、政権の維持を図っている」のであろうが、それにしても新幹線を止めて、不安を煽る政権というのも珍しい。


<小野寺・河野も脳障害者?>

 こんなドンキホーテのような仕草で国民を欺くというのも、正直なところ、情けない思いをする国民は多い。安倍が「万全の体制を取っている」とわめくと、それに河野と小野寺も調子を合わせて太鼓をたたきながら「大変だ。日本存続の危機だ」と応じる。

 まるで小学生の学芸会を見ているようだ、と感想を述べる市民もいる。
 女性に目がないとささやかれている小野寺も、相手が北朝鮮だと、目を吊り上げる。河野も同様である。「二人とも安倍の病気が移ってしまったらしい。脳障害者なのか」との声も噴き出ている。


<ミサイル落下しても雷・オスプレイ以下>

 ミサイルに核や特殊爆弾がついて発射されるわけではない。単なる金属の物体である。万一落下しても、関係自治体の住民を巻き込んで、警報を発する事態では、全くない。

 事情通は「北は拉致問題について、安倍に呼びかけても、安倍がひるんで動こうとしない。小泉に代行させようとしたが、断られてしまった。もたもたする安倍に、催促のミサイル発射だった」と分析している。

 専門家でなくてもわかるだろう。ミサイルの落下物の危険度は、雷以下である。米軍のオスプレイ墜落以下の危険度でしかない。「オスプレイの方が、危険度ははるかに大きい。それが分かっていながら、まるで核兵器をぶち込まれるかのように、政府は危機を煽っている。安全を約束するはずの政府・自治体が、反対に不安をあおっている。狂った日本政府の狙いは、政権の維持である。森友・加計・強姦もみ消し事件に蓋をするためだ」


 福田康夫が「安倍は日本を破滅させようとしている」との鋭い指摘を裏付けているのである。主権者である国民を愚弄しているのだ。


<撃ち落とせないイージス艦>

 本当に危険なミサイルというのであれば、イージス艦のミサイルで撃ち落とせばいいだけのことだ。しかし、そうしない。撃ち落とせない代物なのだ。それは陸上のミサイルも同様である。

 「張子の虎」という言葉が流行した時代があったが、PAC3もイージス艦も50歩100歩の代物であることを証明していることになる。
 わかれば、米産軍体制にひび割れが起きる。それを恐れているのであろう。


<日米安保も効果なし>

 自衛隊の武器弾薬が無能となれば、ワシントンの出番であろう。日米安保はそのためのものだ。
 「日本国民の生命財産を守る安倍内閣の虎の子が、祖父岸信介A級戦犯が改定した日米安保である。超軍事大国のアメリカである。もともと北の相手はワシントンなのだ。

沖縄の米軍基地のお蔭で、北は警戒しているのであるから、米軍が撃ち落とせばいいはずなのだが、全く効果がない。日米安保も無能である証拠だ」と事情通は怒る。


 安倍政権存続のための不安煽りのお芝居に付き合わされる国民も哀れを通り越している。


2017年8月29日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)


=============


kita-1.jpg
映像 1  出典:名もなき投資家(一般市民)

kita-2.jpg
映像 2  出典:名もなき投資家(一般市民)



北朝鮮からのミサイルが日本上空を飛んだという表現は、誤り。また、落下地点は襟裳岬沖合ではない
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/42f2b046000473e11a809fbc62af6f08

2017年08月30日 のんきに介護




きむらゆい ?@yuiyuiyui11


米空軍
「80キロ以上は宇宙とします」

国際航空連盟
「100キロ以上は宇宙とします」

日本
「高度550キロ、我が国の上空を通過した!」

世界
「はぁ?日本の上空だけどこまで日本なんだよ(ー ー;)」
by名もない投資家さんのツィートから https://twitter.com/digital_comic12/status/902520467856121856 …

22:32 - 2017年8月29日




安倍改憲は徴兵目的!戦争は志願で維持不能 ?@digital_comic12


返信先: @yuiyuiyui11さん

御意?
基本を国民に、きちんと伝えて欲しい?
日本が発射地点と落下地点のほぼ中央…って事は通過時の高度は500㎞越え
日本が打ち上げる予定の人工衛星の高度と比べて見て?
高度の低い人工衛星は400㎞くらい…
12㎞越えたら成層圏
ジェット機が飛んでるのが10㎞
エベレストが9㎞弱 pic.twitter.com/vB8Fsipij7

22:17 - 2017年8月29日




名もなき投資家(一般市民)?(???*) ?@value_investors


返信先: @value_investorsさん

宇宙空間でミ●●ル飛ばす技術がないと言われた北●●のミ●●ルが宇宙空間を飛んだということが問題なのに、メディアはそのことは一切触れず「日本の上空を飛ばしやがった!」というところばかりに視点がいってる。(実際は宇宙空間であり日本上空ではない)

嗚呼、相変わらずダメダメなメディア。

17:20 - 2017年8月29日




(転載おわり)


== FIN ==




スポンサーサイト

Comment

Add your comment