寒冷化=文明と経済が縮小、秩序の大転換。北朝鮮がこの大転換のメインステージにのせられても、北朝鮮の役割は変わらない。北朝鮮は誰が建国し朝鮮戦争は誰が仕掛けたのか、その歴史の謎に、今後、着火されるのです。 



北朝鮮
kita-4.jpg



肝心なことを少しずつずらした、言い方のようですが、

その実、的確でストレートな内容を言っています。


世界秩序の大転換、なのです。

寒冷化、文明と経済が縮小、この世界秩序の大転換というステージの中央にのせられても、北朝鮮の役割は変わりません。

導火線として残されていたのが、終わっていない朝鮮戦争。

大戦後の北朝鮮は誰が建国し朝鮮戦争は誰が仕掛けたのか、その歴史の謎に、今後、着火されるのです。




(IISIA公式メールマガジン より転載)


IISIA代表・原田武夫の言葉をお届けします!

             IISIA公式メールマガジン 2017年8月8日号
 
───────────────────────────────────
●「今日の焦点!」
 ~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~
───────────────────────────────────

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「日朝外相が“立ち話”を実施」です。


⇒その理由は……:

 ─今起きており、そしてこれから起きる本当のこと。
  それは世界秩序の大転換です。

 ─なぜか?
  太陽活動が激変しているからです。

 ─そしてその結果、全てが変転を余儀なくされています。
  「温暖化だから」と説明されています。

 ─しかし、違うのです。
  上げと下げの交互である大原則を思い出すべきです。

 ─寒冷化がもっとも私たち人類にとっては耐えられないのです。
  それによって文明も変遷してきました。

 ─圧倒的な力による変遷です。
  失われた文明の根底には「気候変動」があるのです。

日朝外相が”立ち話“をしたと報じられています。
北朝鮮が明らかに動き始めています。

もっともそれでも変わらないのです。
導火線として残されていたのが南北朝鮮であるからです。

今後、そこに着火されるのです。
全てのルールが、そこから変わります。

その点を認識しない限り、全てを理解することは出来ないのです。
思い込みであってもいけません。

「アメリカと交渉ならば、我が国とも」
そう甘く考えてはらないのです。

「結論」は決まっているのですから。
世界秩序の変転と、その導火線としての北朝鮮。

分かり、ますか?



(転載おわり)




スポンサーサイト

Comment

Add your comment