エタ ヒニンの淵源は、日本古代の、渡来人による王権争奪とタルムード・ユダヤ教の流入にあり、原爆地上起爆や地震津波気象兵器テロや人工知能電磁波兵器生体乗っ取り拷問テロは、この建国以来の日本権力層に巣くうタルムード・ユダヤの胎動と蠢動にある。 


縄文人の系譜にあるエタ ヒニン、部落差別、の淵源は、弥生時代の日本古代の、渡来人による王権争奪とタルムード・ユダヤ教の流入にあり、

現在の、原爆地上起爆や地震津波気象兵器によるテロや人工知能電磁波兵器による生体乗っ取り拷問テロが、なぜ起きてしまうのかは、この建国以来の日本権力層、日本の奥の院、に巣くうタルムード・ユダヤの、その胎動と蠢動にある。

白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテであった秦氏族が持ち込んだ、偽ユダヤ、タルムード・ユダヤは、シュメールの純正元祖ユダヤ教を伝えた日本に戻ったシュメールが建国した日本と、縄文以来の多神教を完全には捨てない日本が、憎くてたまらないのだ。



http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html
追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥

2016-12-10 06:55:46


(ここからは、上記の記事を抜粋引用はじめ)



落合(※莞爾)氏のこれまでの純血主義的舞台設定では1)天皇が列島原住民の血も引いていて、2)尚且つ渡来人であり、3)尚且つユダヤの血も引いている現実を説明する事は不可能である。そして“天皇は古来からの日本列島原住民である。”なる落合氏の主張は、ではその“古来”以前には何処に住んでいたどのような語族であったのか?の質問に答えようが無い。


ところで、1)天皇が渡来人であり、2)尚且つユダヤの血も引いていて、3)尚且つ列島原住民の血も引いているのが真実であるのだが、この1)、2)、3)の一見相矛盾する様に見える3つの真実が実は何故矛盾しないのか、それが実現するに至った経緯は一体どのような経緯だったのか?興味津々の読者が多くいらっしゃると思われるので、私・佐野千遥はその経緯を此処に詳述することとする。



皆さんの理解を助ける目的で、1)、2)、3)全条件実現の経緯が実存する事の論証を箇条書き的に分けて述べる事とする。



1 実は今日、世界に分布している諸々の語族の存在は、太平洋にその昔、今は無きムー大陸なる大陸が有った事を前提しないと説明できない。



2 7万2千年前にインドネシアのトバ湖が巨大火山爆発を起こした結果、太平洋上のムー大陸が沈んだ時、


3 西に向かってアルタイ語族:トルコ人、モンゴル人、満州人、朝鮮韓国人が逃げ、ユーラシア大陸上の(※アフリカ起源の)中国人とは異なったムー大陸系黄色人種を成し、


4 北へ向かってアイヌ人[註1]のみアジアに残してウラル語族:フィンランド人、ハンガリー人、バスク人、エストニア人、チェチェン人、グルジア人、ダゲスタン人、アプハジア人が北極を越えてヨーロッパ入りしムー大陸系白色人種を成した。




[註1]:今日でこそ弥生人と混血してしまっているため、その特徴は不明確に成ってしまって居るが、明治初期にヨーロッパから遣って来た人類学者達は、長頭、秀でた額、狭い鼻幅、尖った鼻、根元から高い鼻、目尻が下がった眼、長い手足を持った色白で毛深いアイヌを見てこれはヨーロッパ系と見做した。アイヌ人はムー大陸系白人である。


5 アイヌ人と混血していたアルタイ語族系のシュメール人[註2]は誤って負の誘電率・負の透磁率の北極の穴の中に入り、高度の知見を得た後、穴から出て来て、二手に分かれ



6 片方のシュメールのグループは北極を越えた後、ヴォルガ川の源流辺りから南下し黒海の脇を通り越してカナーンの地に至り、後に多民族国家イスラエル・ユダヤ王国のセム族を成し、


7 もう一方のシュメール人のグループはカラフト・サハリンを南下して、残っていたムー大陸の一部である日本列島[註4]に居住し、アイヌと平和共存し混住していたが、


[註4]:ムー大陸の北西の端に位置していた、当時今のヒマラヤ山脈よりも高い山脈が7万2千年前にインドネシアのトバ湖が巨大火山爆発を起こした結果、ムー大陸が沈んだ時、日本列島として残った。


或る時、そのシュメールは日本列島を後にして、海路中東のチグリス・ユーフラテス川の河口付近に赴き、人類初の文明であるメソポタミア文明を開闢した。(紀元前9000年頃)



[註2]:中東に着いたばかりの元々アルタイ語族黄色人種系のシュメール人はヨーロッパ人顔負けくらい大きな眼をしていた。それは彼等がそれ以前にアイヌ人と混住していたからであった。

そしてYAP遺伝子はアイヌ人に起源を持つ遺伝子であり、アイヌ人とムー大陸時代から混住していたシュメール人がアイヌ人のYAP遺伝子を中東へと持ち運んだ結果、今日、YAP遺伝子を持つ人種は、地球上でアイヌと日本列島原住民・縄文人とユダヤ・アラビヤ人のみとなった。[註3]




[註3]:黄色人種の根源であるウバイド民族がカナーンの地から全世界に散って、日本にも遣って来た、という2015年“天皇とワンワールド”時点の落合氏の主張は、

それでは何故、トルコ人がYAP遺伝子を持っていないのか、モンゴル人がYAP遺伝子を持っていないのか、満州人がYAP遺伝子を持っていないのか、朝鮮韓国人がYAP遺伝子を持っていないのかを説明する事が出来ず、また何故、地球上でアイヌと日本列島原住民・縄文人とユダヤ・アラビヤ人のみがYAP遺伝子を持っているのかを説明する事が出来ない。

よって以前の落合氏のウバイド民族論、そしてそれに類似のツラン族論の西からの日本列島渡来説は誤りとなる。




8 古代イスラエル・ユダヤ王国は、黒人ハム、黄色人種セム、ムー大陸白人ヤペテが居住する多民族国家であった。



9 黒人ハムは元はと言えば、ムー大陸が沈んだ時、南西に逃げたドラビダ語族(釈迦にその血が混じっている)が更に西に進んで古代エジプトのハム語族を成したが、そのハム族が古代イスラエル・ユダヤ多民族国家の1構成民族であった。



10 アルタイ語族シュメール人が成したユダヤの黄色人種セム族は、イスラエル・ユダヤ王国を支配したのは白人ヤペテであったので、ヤペテの言語が強制され、習得されたセム語を喋るようになり、又、宗教としては純正ユダヤ教を信奉した



紀元66年~70年の第1次ユダヤ戦争でローマ帝国にユダ王国が滅ぼされた後、セム族は周辺地域に退去して統一国家を持たなかったが、紀元7世紀初頭にセム族の純正ユダヤ教はイスラム教へと進展した

また古代セム語に今日最も近い言語が支配者階級白人ヤペテの急速に文法が簡素化されたヘブライ語では無くアラビヤ語となったのもこのような経緯に依っている。



11 もう一つの構成民族であった白人ヤペテ族はムー大陸白人のハンガリア人であり、その頭目のモーゼが邪教タルムード・ユダヤ教の創始者であり、白人モーゼのユダヤ選民思想は白人至上主義と同根であり、

紀元66年~70年の第1次ユダヤ戦争でローマ帝国にユダ王国が滅ぼされた後、ヤペテは東欧に逃げてその地に居たハンガリー人を邪教タルムード・ユダヤ教に改宗させ、ハザール帝国を築いた




又、このムー大陸系白人のハンガリア人は、その昔ムー大陸が沈んだ時、北へ逃げて北極を越えようとした時、誤って北極に穴の中に迷い込んだが、余りに悪党なのでアルザル人に追い出された




12 ムー大陸が存在していた事の論証


南アメリカ大陸の南端には先住民の黒人インディオが住んでいる

http://terase.hatenablog.com/entry/2012/09/11/215227  より引用


“発掘された骨を調べるとその特徴がオーストラリアの先住民アボリジニと酷似してるようです。ニグロイドの派生型になるそうです。黒人の亜種的な感じでしょうか。”



13 ムー大陸が実在した論証


従来、黄色人種のアメリカ・インディアンや中南米のインディオは、シベリアから千島列島を歩いて渡ってアメリカ大陸入りした、との説明が為されているが、

そのような多数の民族が大移動するに至った動機が説明できなかった。


14 特に更に南アメリカ大陸の南端には黒人系インディオが居住していたし現在も居住しているのだが、“千島列島を歩いて渡った”説では、何故黒人インディオが先ず先頭を進んで、その後に黄色人種系千島列島を歩いて渡ったのかが全く説明できない。


15 私・佐野千遥は従来からブログで、アメリカン・インディアンとインディオはムー大陸が沈んだ時、ムー大陸から直接東に向けて、アメリカ大陸に上陸したと主張して来た。

ムー大陸の南方地域の黒人住民が東に逃げて南アメリカ南部に居住することになった、とした場合、最も自然に南北アメリカ大陸に居住するアメリカン・インディアン、インディオの分布を説明する事が出来る


16 南北アメリカ大陸に於けるインディアン、インディオの分布を説明するには、ムー大陸の存在が不可欠と成る。ここにムー大陸の存在の必然性が論証された。



17 黄色人種のアジア人でも、中国語族とアルタイ語族とは文法構造が丸っきり別の語族である。これだけ全く異なる語族が存在している事自体が、全く別々の起源の民族でなければならない事を示している。



18 中国語はその四声がアフリカのコイサン語族と共通のものである事から、中国語はアフリカから発生し、中国人はアフリカから発生した と言える。ところでアルタイ語族の起源となるべきアフリカとは別の大陸となれば、ムー大陸という事に成る。





42 よって“伊勢神宮はユダヤ人のためにつくられた神社です。”は二重の意味で間違っており、真実は

「出雲大社は真のユダヤ人=日本列島原住民の為につくられた神社であった。」

「伊勢神宮は天皇一族が支配体制を一新させる目的で出雲大社に代わって中東からの真のユダヤ人を使って作らせた神社です。」




43 元々百済系の天皇一族はユダヤ人・秦氏をこの時血族の中に取り込んだ。斯くて、天皇一族にはセム化して日本に戻って来たシュメールを血族的に飲み込み、新羅経由で日本に遣って来たユダヤ人=秦氏を血族的に飲み込んだ結果、ユダヤの血を引く家系となった。



●47 日本神道は真のユダヤ教


偶像崇拝を排した天照大神は一神教の神

且つ、自然の彼方に神を見る



出雲大社は多神教でそのトップが大国主命(オオクニヌシノミコト)。



出雲大社古神道の多神教を、一神教シュメールの九州王朝を既に呑み込んであった天皇家は、後秦から遣って来た正真正銘ユダヤ一神教のユダヤ人を使って、伊勢神宮系の天照大神の一神教に改組させた


この後秦からのユダヤ人(※数千人で渡来した秦氏のなかで初期の秦氏)はハザールではなくシュメール系=セム系(ヤペテ系でない)のユダヤ人であった。その証拠に彼等はタルムードと旧約聖書を日本神道に持ち寄らなかったし、ラビによる人食の風習は齎(もたら)されなかった。



その前段の時代について述べると、日本に戻って来て九州王朝を創ったシュメールは一神教になっていたが、日本にずうっと留まっていたシュメール(物部氏)は多神教であった


(抜粋引用おわり)



http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/198
エタ ヒニン 部落差別、朝鮮人差別、の淵源は、古代の、渡来人による王権争奪とタルムード・ユダヤ教の流入にある

January 25 [Wed], 2017, 7:10


(ここからは、上記記事から抜粋引用はじめ)



紀元300年代までの日本建国時の弥生人による王権争奪で、日本原住の縄文人は、熊襲、土蜘蛛、はなたれ、耳垂れ、鬼、(※それらは日本先住縄文人のヤマト王朝の王族・豪族でもあった)などと蔑称された。

そこにある古代の差別蔑視は、いったい、「どんな地獄の底まで」、いってしまったのか?


日本原住民縄文人への蔑視と近隣民族蔑視の、淵源


≪“日本人の誇り”が、近隣民族と自国の特殊で原住な部族を差別蔑視することによってしか成り立たないようなものであるのなら、それは惨めな物でしか無く、「日本人の誇り」を云々するのなら、我々は真の歴史科学と真の倫理美学により、真の「日本人の誇り」を創り出さなければならないのである。≫



鰐一族・和珥(わに)氏 のおさらい。


●鰐一族・和珥(わに)氏=黄色人種セム系のダビデの子孫=失われた2氏族は、ユダヤ3種の神器を持って、日本に遣って来た。旧約聖書とタルムードは持たず

●古代真性ユダヤ鰐一族、日本原住民のYAP遺伝子を持つこの一族が、日本に戻って来たシュメールの神武天皇からヤマトタケル尊まで、の日本原住民のYAP遺伝子を持つ系譜に、合流した。。


そしてこの、シュメールと和珥(わに)氏=真のユダヤの一族は、百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた。


(※神武天皇からヤマトタケル尊まで、の系譜である九州豊国邪馬臺國(やまと国)王朝は、ニギハヤヒ系の神功による豊国征伐によって滅亡した。)




=============================

ここから、地の文は、次の

自虐史観批判論の決定的不備!!!!!!!!!!!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12238195893.html


からの抜粋引用になります。



神奈川県伊勢原市に比々多神社という神社が有るが、この神社のお祭りの時に、シュメール民族+和珥(わに)氏=熊襲の熊谷直実の人形の出し物、が担がれ、而もこの神社はヤマト尊(スメラ)所縁の地である。

ところで熊谷直実とは今日、被差別部落の象徴であり
、という事は、

九州のシュメール王朝が百済系天皇一族に滅ぼされ、血族的に百済系天皇一族に呑み込まれた後、

呑み込まれなかった熊襲は穢多・非人と言った社会的最底辺の民に落された事を意味する。』



●百済系天皇一族に呑み込まれなかった鰐シュメール熊襲は、「鬼か鬼以下」穢多・非人と言った社会的最底辺の民に落された

(東テイ国から豊国に侵略した神功の「やまと国征伐」のとき、玄海灘の壱岐に住む島民は神功軍によって全員「鬼」とされ、漁に出ていたものを除いて全島民が殺害されたらしい。日本最初のホロコースト。鬼凧おんだこ伝説として残されている。)




●聖徳太子の時代に、後秦を経由してイスラエル王国系のユダヤ人=白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテが、日本に遣って来た。

●彼等はラビ僧に依る異教徒の子供の生贄・人食の風習を日本に持ち込んだ




『もう一つ、天皇家にユダヤの血が混ざったのは、聖徳太子の時代に後秦を経由してイスラエル王国系のユダヤ人が日本に遣って来た時である。

これは白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテであった

彼等はラビ僧に依る異教徒の子供の生贄・人食の風習を日本に持ち込んだ。伊勢神宮系の神社の鳥居が赤いのは人食の生贄にされた人の血の色である。

ところで古神道・出雲大社系の神社や、比々多神社の鳥居は赤く塗られおらず、石の材質のままである。』



●タルムード・ユダヤ人のラビ僧=伊勢神宮系の神官が、ダビデの子の真のユダヤ人達、つまりその時既にエタ・非人とされていた人達を、儀式に於いて生贄として殺し食したとの説。

●殺された自分達の仲間を葬る事から自然に墓堀人・葬儀屋に成った




●日本人に普く存在するエタ・非人蔑視と朝鮮人蔑視意識は、

秦一族のタルムード・ユダヤ教による伊勢神宮ユダヤ教書き換え神道、

彼等タルムード教信仰者による、エタ・非人をお供え物とする人食カリバリズムと、

朝鮮系の渡来人のエタ・非人化、、に起源があり、現在まで同和エタ部落問題と朝鮮人蔑視意識の伏流水となっている




『このタルムード・ユダヤ人達の到来により、先に鰐氏として古代ユダ王国から遣って来ていたダビデの子のユダヤ人達、つまりその時既にエタ・非人とされていた人達を特に、タルムード・ユダヤ人のラビ僧=伊勢神宮系の神官が、儀式に於いて生贄として殺し食したとの説が成り立ち得るのである。

エタ・非人が代々墓堀人・葬儀屋であったのは、その様にして生贄にして殺された自分達の仲間を葬る事から自然に墓堀人・葬儀屋に成ったと考えられる。

その中に、鰐氏だけでは生贄にするのに人数的に足りなくなって、支配階級になれなかった朝鮮系の渡来人をもエタ・非人に加えたと考えられ、

日本人に普く存在する朝鮮人蔑視意識は、秦一族のタルムード・ユダヤ教に乗っかった百済系弥生人天皇一族による、朝鮮系の渡来人のエタ・非人化とその彼等の人食の歴史に由来していると考えられる。』



『“日本人は昔から平和な民族であった。”という主張は、このような現実の歴史により棄却されるのである。

平和とは、社会正義が保証される平和とは、意識的に創り出さなければ、実現する事が昔から難しいものなのである。』



自虐史観批判論の決定的不備!!!!!!!!!!!闇の権力を無くす会Dr佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12238195893.html

(『』内の地の文、上記記事から抜粋引用おわり)



http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/198
エタ ヒニン 部落差別、朝鮮人差別、の淵源は、古代の、渡来人による王権争奪とタルムード・ユダヤ教の流入にある。


(上記記事から抜粋引用おわり)




縄文人の系譜にあるエタ ヒニン、部落差別、の淵源は、弥生時代の日本古代の、渡来人による王権争奪とタルムード・ユダヤ教の流入にあり、

現在の、原爆地上起爆や地震津波気象兵器によるテロや人工知能電磁波兵器による生体乗っ取り拷問テロが、なぜ起きてしまうのかは、この建国以来の日本権力層、日本の奥の院、に巣くうタルムード・ユダヤの、その胎動と蠢動にある。

白人ハザール系モーゼのユダヤ人=タルムード・ユダヤ系のヤペテであった秦氏族が持ち込んだ、偽ユダヤ、タルムード・ユダヤは、シュメールの純正元祖ユダヤ教を伝えた日本に戻ったシュメールが建国した日本と、縄文以来の多神教を完全には捨てない日本が、憎くてたまらないのだ。




純正元祖ユダヤの、日本に戻ったシュメールが建国した日本と、縄文以来の多神教を完全には捨てない日本が、偽ユダヤは、憎くてたまらない、が

偽ユダヤ、タルムード・ユダヤは、日本人殲滅の欲望を、次のように勝手に抱いている。


http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
日航機123便撃墜事件(結社グループ間の内乱による日米戦争)の再来となった、結社グループ間の内乱による、東日本大地震(地震兵器テロ)と福島第1原発爆発事故(原子炉爆破テロ)



http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
この国の超法規で非公然な、「建国の秘密」を保持する「国体勢力」は、≪いけにえ≫を供える観念のもと、≪核≫と≪人工知能≫を安置したパノプティコン神殿を稼働させている



この日本式イルミナティ連合は日本建国時の王権、天皇の成立の歴史の「秘密」を秘匿し、これを共有している。

そして、国体勢力が、国民側からは自覚されないが、国民に仕掛ける、この神殿での儀式・「枠組み」のひとつは、すでに日本建国時には入り込んでいた、≪いけにえ≫というものである。≪いけにえ≫という、暗い脅迫観念と薄暗い情動である。


≪いけにえ≫を供える現代の、パノプティコン神殿は、高熱を秘めた清潔すぎる薄い空気で満たされた≪理知≫を本尊とする工場である。

それは、原爆地上起爆を後継する、≪原子力発電所≫と≪核兵器工場≫と≪国民を丸裸に見み、遠隔支配する人工知能電磁波兵器稼働の地下軍事基地≫だ。


●広島 日本のいちばん長い醜い日 根源的階層の選択、原爆投下という国民いけにえ儀式 

・原爆投下は日米の軍事談合による人体核実験として進められた。

・日米の原爆についての公式見解とは裏腹に、日本には、原爆は「日本製」で、エノラゲイが投下したのではなく、日米の軍事談合として「地上起爆」であった、という説が根深く燻ぶりつづけていた。≫


●≪核兵器密造の裏政策を推し進めてきた日本の奥の院は、超法規武装部隊で国民を武力支配 

・日本各地で原発を拠点にプルトニウムと核兵器、核ミサイルを密造し続け、

・プラズマ兵器、電磁波兵器による巨大地震津波攻撃を、世界の闇権力で談合、起こす

・人体をターゲットにした脳と生体を遠隔攻撃する人工知能電磁波兵器による「生体乗っ取り」と「生体拷問攻撃」

・人工知能電磁波兵器による「一般市民マインドコントロール」による「集団ストーカー仕立てあげ」、

といった冷血超兵器の、24時間一秒の休み無い稼働で、国民を武力支配。



==================



偽ユダヤ、タルムード・ユダヤは、タルムード・ユダヤの『エノク書』を信奉するバチカン、イエズス会でもある。



CATEGORY世界の奥の院の歴史
http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
ローマ帝国滅亡で新しい支配者となった欧州王族貴族は、信奉するエノク書の原理の通りに、家畜人と白人至上主義を生み、銀行を設立し、多国籍企業と国際機関を設立し、パンとサーカスの民主主義と戦争を与えた



テンプル騎士団を組織し、イスラム教殲滅へむけて十字軍を遠征し、フリーメーソン、イルミナティを結社し、国民国家を樹立させるとともに、家畜人を絶滅させるために戦争を企画した。

エノク書を信奉する、欧州王族貴族、ユダヤ金融、イエズス会の、黒いルネサンス・続編
シュメールの、とされるシュメール版聖書は、悪魔の書である。徹底した撰民意識と人種差別と新しい人類への次元上昇と人類せん滅戦争を全肯定した原理である。

この書をありがたがっているひとは、どんな人達か。

ローマ帝国を崩壊させ、新たな世界の支配者となった欧州黒いルネサンスの王族貴族とユダヤ金融は、かれらが中世のときから探し回っていた、古代聖書の「エノク書」と「シュメール版聖書」をついに発見し、そこに書かれた、「半神半人の白人エリートが有色人種を家畜として飼い馴らす、有色人種の家畜は全滅させて、新しい人類を作れ」という「神話」を信じて、これを新たな世界支配原理としてきた。






== FIN ==




スポンサーサイト

Comment

Add your comment