地球の内部は、円筒状の空洞になっている。北極と南極にぽっかりと大穴。『負の誘電率・負の透磁率』でできた地球内部の空洞に存在してきたアルザル人と、地表の邪悪で冷血な勢力との、闘いの歴史。 


地球の内部は円筒状の空洞になっていて、北極と南極は、この空洞の入り口があり、ぽっかり穴が開いている。

マントルはヘビーな比重の物質がたぎっているわけではない。

・1967年に人工衛星が北極と南極に、ぽっかりと大穴。地球空洞を映像として捉える。
(大穴があいているように見えるが、実際に大穴があるとは単に常識的に否定されている。)

南極の穴から地球の内部を探検した人=バード少将もいる。


自転する星が生きていれば星の内部は空洞になっているのが正常であり、空洞が潰れ鉄マントルが露出し赤色になった火星は死んだ姿である。

バード少将が報告したように、地球の内部は温暖な気候であった。


地球内空洞世界は、『負の誘電率・負の透磁率』になっていて、

羅針盤の方向に沿って進むと、内側が負の透磁率だとNはNを、SはSを引き、羅針盤磁石の方向の反転が起こらない結果、北極、南極の穴の中へと連続的に入り込んでしまうのは当然である。



地球内空洞世界は、自転する地軸上にあることと、主にピエゾ物質で、『負の誘電率・負の透磁率』の空間を実現し、温暖な気候で緑あふれる空間で、そこでは『時間はゆっくり』と進む。

究極のアンチ・エイジングがなされ、人間の寿命は1000年、長く若さを保ちながら生きる。智慧も地表人よりも格段に次元アップし、高い知見が得られる。。



そう、この地表からすると地底空間には、優れた人間が生活している。



■スノーデンは、『地球には地底人がいる』という極秘事項を開示してみせた


【衝撃】地球の内部は空洞!?中には巨大な地底人のが存在が・・・スノーデン氏も語る地底世界がヤバすぎる!
10:23
はうんどちゃんねる

https://youtu.be/60tzLcSnggo


2017/07/01 に公開





『負の誘電率・負の透磁率』の環境は、瞬間移動テレポ―テ―ションや物理的時間の制御と操作の原理と技術に至り易い物理環境である。つまりUFO製作やタイムトラベル、健康と長寿がもたらせられるアンチ・エイジングには、最適な物理環境なのだ。


アルザル人と呼ばれる超優秀な地球人、地球内部の『優秀』な物理環境=ザガリア、に生きて来たひとびとは、元祖日本人のシュメール人がメソポタミアで文明を起こす以前の太古から、すでにUFOを用いていた。




■第二次大戦の末期にナチスは南極の穴からザガリアに、UFO設計図とUFO建造資材を持ち込んだ


ナチス・ドイツ : UFO作戦 (ロシア/2006) [日本語字幕]
44:09
Eden Media

https://youtu.be/mqv-7cz_VVA


2015/06/20 に公開
伝説となった2006年製作のロシアによるドキュメンタリー “Third Reich ? Operation UFO”の日本語字幕版です。




アルザル人は地表の人類の歴史の流れには介入しなかったが、地球内部空間の環境が脅かされそうになる場合は、猛烈に反撃し退治した。


■第二次大戦の直後、南極の支配権を求めてアメリカは海軍を南極に遠征させたが、海中から現れたUFOが米艦を撃沈し戦闘機を撃墜した。恐れをなした残った海軍は早々に撤退し、アメリカはアルザル人との間に「南極平和利用」の条約を結ばされた。


明かされていない南極でのUFO戦争 パート2
9:08
ReptilianIsReal

https://youtu.be/F42O9uhmcK4


(このyoutubeページより引用)
2014/01/16 に公開
日本語字幕はCCボタンを押してください。

南極とナチスについて調べている間に、興味深い情報を見つけた。それはアメリカ海軍(海軍は、もろナチス)と地球空洞にあるアガルタとの戦いが実際にあったという事実だ。
アメリカ海軍は、軍事基地を南極に建設予定だったが、アガルタの円盤型UFOによる攻撃を受け、撤退したという事だった。

そのために、現在、南極は平和的リサーチ・オンリーの目的でしか使えないという条約をアガルタと結んだという事なのだ。なぜ、南極なのか?それは、南極に地球の空洞のアガルタに通じる入り口があるからだ。)





地球空洞説を論証!火星は空洞が潰れ且つ鉄マントルが露出し赤色!スミルノフ物理学派Dr佐野千遥
2016-06-04 00:41:54
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12167120172.html

=== ここまでは、上記記事を参照 ===



nankyoku-4.jpg
南極の空洞入口




アルザル人と地表の勢力との交渉や戦闘の痕跡を、ここで列挙しておこう。



追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html

=== これより、『』で括られた地の文は、上記記事より引用 ===



■日本人の祖シュメール人とアッシリア系ユダヤ人=アイヌ人が「北極の穴に」


『ムー大陸が沈んだ時、シュメール人とアッシリア系ユダヤ人=アイヌ人とは、他のウラル語族達と一緒に北極を越えようとして、一度「北極の穴に」図らずも入り、地軸の周りの負の誘電率・負の透磁率の地中円筒空間の時間がゆったり進む温暖なる気候の世界を見聞して来て「高度の知識・学習能力を得て」から、穴から出て、

シュメールは日本に引き返して暫く日本列島の原住アイヌと混住してからメソポタミアに向けて船出してメソポタミヤ文明を開闢し、

他方、北極の穴から出たアイヌ人は日本に向かう事無く、アッシリア系ユダヤ人=アイヌ人として北極からカフカーズ山脈を経てカナーンの地に至った。』



■ムー大陸系白人のハンガリア人=その頭目のモーゼが、邪教タルムード・ユダヤ教の創始者である白人ヤペテ族は、ムー大陸が沈んだ時、「北極に穴」の中に迷い込んだ


『古代イスラエル・ユダヤ王国の、もう一つの構成民族であった白人ヤペテ族は、ムー大陸白人のハンガリア人であり、
その頭目のモーゼが、邪教タルムード・ユダヤ教の創始者である。


白人モーゼのユダヤ選民思想は白人至上主義と同根であり、紀元66年~70年の第1次ユダヤ戦争でローマ帝国にユダ王国が滅ぼされた後、

ヤペテは東欧に逃げてその地に居たハンガリー人を邪教タルムード・ユダヤ教に改宗させ、ハザール帝国を築いた。

又、このムー大陸系白人のハンガリア人は、その昔ムー大陸が沈んだ時、北へ逃げて北極を越えようとした時、誤って北極に穴の中に迷い込んだが、余りに悪党なのでアルザル人に追い出された。』





昔、河が流れ湖が有った緑のサハラは11世紀核戦争で砂漠と化した!!!!スミルノフ学派Dr佐野千遥
2016-11-25 20:45:08
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12222882412.html

=== ここより『』で括られた地の文は、上記記事より引用 ===



■悪魔的地球外知的生命体が作った中南米のアズテク、インカ、マヤ文明の地上勢力 対 アルザル人の闘い


『アメリカ・インディアン インディオはムー大陸がトバ湖大噴火爆発で沈んだ時、アルタイ語族、ウラル語族、ドラビダ語族がそれぞれ西、北、南西へと逃げた際に、ムー大陸から直接東に逃げて、米大陸に上陸した事になる』



『中南米の文明である アズテク文明、インカ文明、マヤ文明、そして秦の始皇帝の秦、古代エジプト文明等、実は全て悪魔崇拝の文明であり、悪魔的地球外知的生命体に介入された文明と見る事が出来る。

これ等の文明は残虐非道の文明であり、そしてその中の多くは人食いの風習が有った。ユダヤのヤペテ(白人)とその首領モーゼ(真のユダヤ教に対する悪魔崇拝タルムード・ユダヤ教を立ち上げたのが白人至上主義者モーゼ)は古代エジプトにユダヤ族が囚われの身であった時期にこの悪魔的古代エジプトから送り込まれた先兵で有った。』




■悪魔的地球外知的生命体の地球規模の基地と拠点体系=核兵器・核戦争


『この悪魔的地球外知的生命体の中南米の3文明を中心にした地球規模の基地と拠点体系の存在は、

・ソドムとゴモラのマインドコントロールと核爆発滅亡、

・それまで湖から豊かな水をたたえた河が幾つも流れ出ていた緑生い茂る平原で有ったサハラが11世紀初頭には砂漠と化した事、

・ヨーロッパは北海からの超巨大な津波で内陸まで一度呑み込まれた跡が有る事、

・インダス文明モヘンジョダロ遺跡に核戦争の跡が残っている事

を説明する物である。』




●アルザル人が、悪魔的地球外知的生命体の核兵器を撃退し、そのUFO滑走路を撃退し破壊した、から今日の地球人の文明が生き残った


『11世紀初頭のサハラ核戦争は、真のユダヤ教であるイスラム教の真のユダヤ人であるアラブ人を北アフリカのサハラで悪魔的地球外知的生命体が襲い、

スペインに於けるイスラム教に対するキリスト教によるレコンキスタの勝利を決定的にする為のものであった。


“核戦争”とは言っても、双方が核兵器を使ったのではなく、片一方の悪魔的地球外知的生命体のみが一方的に核兵器を使って、

今日の反テロ諸列強帝国主義国家テロ連合がイスラム教徒達を殺戮しているのと同じように当時のイスラム教徒を殺戮した。』



『古代からの世界史的規模で見ると、日本のみが核兵器被爆国ではない事と成る。

但し、悪魔的地球外知的生命体が地表を支配し尽くしてしまわない為に、その時地中のアルザル人がその悪魔的地球外知的生命体の核兵器を撃退したから、

今日の地球人の文明が生き残っているのであり、はやし浩二氏が“拠点文明”と呼ぶアズテク文明、インカ文明、マヤ文明を支えた

悪魔的地球外知的生命体とそのUFO滑走路を
地球の地中人のアルザル人が撃退し破壊したと見る事が出来る。』



■闇の権力・イルミナティ、米軍の疑似UFOと、誤謬物理学“超弦理論”、これらは、一旦アルザル人による攻撃で撃退されたが、生き延びた悪魔的地球外知的生命体が、コントロールし、バックアップしている


『はやし浩二氏が指摘する“拠点”とは中南米のアズテク、インカ、マヤやイースター島と言った人類の大文明からは遠く離れて見えない場所に位置して、地球文明を悪魔的地球外知的生命体がコントロールしようとした、と見る事が出来、

又、古代だけでなく、その後今日まで続くユダヤ闇の権力・イルミナティも、一旦アルザル人による攻撃で撃退された悪魔的地球外知的生命体がバックアップしている、と見る事が出来、

米軍の疑似UFO(直線方向に飛べず、その疑似テレポーテーションは光速度以下)開発とその誤謬物理学“超弦理論”は悪魔的地球外知的生命体がバックアップしたと見る事ができる。


又、今日強い放射能の充満した地表上空のバンアレン帯には、1945年以降の原水爆実験による放射能のみならず古代核戦争の時に舞い上がった放射能もその構成要素として今日まで残っている事と成る。』




■日本の憲法と法律の埒外にいる超法規で闇で透明な「国体」勢力も、以下の超絶冷血な事象においては、闇の権力・イルミナティと冷血な邪悪な勢力に関与されている、と見る事ができる。


●広島 日本のいちばん長い醜い日 根源的階層の選択、原爆投下という国民いけにえ儀式 

・原爆投下は日米の軍事談合による人体核実験として進められた。

・広島の爆心予定地には第二総軍(本土決戦用の関西より西日本の主に陸軍)と学徒たち4万5千人がいけにえとして集められていた。原爆の爆発は8時15分と日米ともになっているが、実際には8時6分だった。つまり核が爆発したときはエノラゲイは爆心地上空のヒロシマには来ていなかったのだ。

・日米の原爆についての公式見解とは裏腹に、日本には、原爆は「日本製」で、エノラゲイが投下したのではなく、日米の軍事談合として「地上起爆」であった、という説が根深く燻ぶりつづけていた。



●核兵器密造の裏政策を推し進めてきた日本の奥の院は、超法規武装部隊で国民を武力支配 

・日本各地で原発を拠点にプルトニウムと核兵器、核ミサイルを密造し続け、

・プラズマ兵器、電磁波兵器による巨大地震津波攻撃を、世界の闇権力で談合、起こす

・人体をターゲットにした脳と生体を遠隔攻撃する人工知能電磁波兵器による「生体乗っ取り」と「生体拷問攻撃」

・人工知能電磁波兵器による「一般市民マインドコントロール」による「集団ストーカー仕立てあげ」、

といった冷血超兵器の、24時間一秒の休み無い稼働で、国民を武力支配。



どうして彼らが裏の勢力として存在できるのか?その権威を形作る「力」の源泉がどこにあるか? 問題は、この一点に集約される。


かれらにとって、権力のすさまじい源泉となっているのは、---「ねじれ」そのもの、――― 日本の建国の歴史、天皇家の成立の歴史、における、「うそ、偽り、創作、操作、でっちあげ」、に他ならない。

ここに邪悪な、すさまじい冷血な智慧が入り込んでいる。





寿命1000年を若いまま本当に生きる、負の電磁率の建築学


●アルザル人と同じアンチ・エイジングなライフ。北極南極の穴を貫く『負の誘電率・負の透磁率の円筒空間』で生活するには


負の透磁率且つ負の誘電率だと時間が逆を向く。

直流電流を流した大きな半径のコイルの中に、ピエゾ物質の例えば石英製の大きな半径の円柱を刳り抜いて造った円筒を設置し、その円筒空間内で生活するなら、時間の進みが大きく緩和される。



寿命1000年を若いまま本当に生きるには(^_^)!!!!!!!!!!!!!!!!Dr佐野千遥
2017-02-10 05:12:05
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12246327569.html


=== ここより『』で括られた地の文は、上記記事より引用 ===


第4章:時間を遅らせる物理的手段

スミルノフ物理学はコイルの内部円筒空間は負の透磁率(μが負)であることを論証且つ実証した。

スミルノフ物理学は電場に対し向きを適切に選べばピエゾ物質(圧電体)を負の誘電率(εが負)にする事が出来る事を論証且つ実証した。

負の透磁率且つ負の誘電率だと時間が逆を向く

<数式を見るとパニックに陥る方々はカルシウムとビタミンCを豊富に摂取する事をお薦めする。>

何故なら
屈折率nは

n = c/v = (√ε* √μ) / (√ε0 * √μ0)

今、誘電率が負だから –ε
透磁率が負だから –μ
を上式に代入してみると

(√–ε* √–μ) / (√ε0 * √μ0)
= (i√ε* i√μ) / (√ε0 * √μ0)
= – (√ε* √μ) / (√ε0 * √μ0)
= c / (– v)

ところで、物質中の光の速度vの符号が負に成ったという事は

v = ∆x / ∆t

– v = ∆x / (–∆t)


よって、負の透磁率且つ負の誘電率だと時間が逆を向く。

つまり、直流電流を流した大きな半径のコイルの中にピエゾ物質の例えば石英製の大きな半径の円柱を刳り抜いて造った円筒を設置し、その円筒空間内で生活するなら、時間の進みが大きく緩和される。



kenchic-4.jpg
  負の電磁率の建築学



第5章:結論

第4章で述べた建物内で生活し、

プレーンヨーグルトにスキムミルクを入れてかき混ぜてから(消化できない乳糖を消す為)飲み込み

或る時期にはTa-65を

又、別の時期にはレスベラトロールを

摂取すれば、

オーロラが出て来る地球の北極の穴、南極の穴を貫く負の誘電率・負の透磁率の内部円筒空間で生活しているアルザル人達と同じ様に、若いまま、寿命1000年となる。』




== FIN ==




引用元:


地球空洞説を論証!火星は空洞が潰れ且つ鉄マントルが露出し赤色!スミルノフ物理学派Dr佐野千遥
2016-06-04 00:41:54
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12167120172.html




追記>明仁天皇が今読まれている落合莞爾[天孫皇統に成り澄ましたユダヤ十士族]の批判!DR佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12227285451.html




昔、河が流れ湖が有った緑のサハラは11世紀核戦争で砂漠と化した!!!!スミルノフ学派Dr佐野千遥
2016-11-25 20:45:08
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12222882412.html




寿命1000年を若いまま本当に生きるには(^_^)!!!!!!!!!!!!!!!!Dr佐野千遥
2017-02-10 05:12:05
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12246327569.html




スポンサーサイト

Comment

Add your comment