数日前に日本での地震発生リスクを警告していた、IISIA代表・原田武夫氏が、このたびは第二次朝鮮戦争開始に関して、「いよいよ“トランプフォン”で開戦事前通告か?」と過激な発言です。 


原田武夫氏がIISIAのブログで重要な英文記事を4月30日に書いていて、

当ブログ5月4日の記事で、次のような内容の、原田武夫氏のその英文記事をとりあげました。


『米軍は、金正恩(キム・ジョンウン)に突然、「今の時は以前のゲームとはまったく違う」という事実を示すために、 "戦撃"を突然開始する。
この文脈における真実の瞬間は、今、2017年7月の前半の間に起こり、・・・・。』


http://kenchicjunrei.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
●原田武夫氏。米政府は明らかに「PLAN B」に進む、2017年7月の前半、米軍は、金正恩に突然 "戦撃"を開始する



それが、いよいよこのたびは、第二次朝鮮戦争開始に関して、「いよいよ“トランプフォン”で開戦事前通告か?」 と過激な発言です。


(以下、IISIA代表・原田武夫氏 IISIA公式メールマガジンを引用)


●IISIA公式メールマガジン 2017年6月15日号
   発行:  http://www.haradatakeo.com/

「今日の焦点!」
 ~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~
───────────────────────────────────

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「米ネヴァダ州で嗜好用マリファナが解禁」です


⇒その理由は……:

(中略)


アメリカのネヴァダ州で麻薬がまた解禁されました。
嗜好用ということであればマリファナは販売可能とされたのです。

既に60件以上の販売許可申請が出されていると言います。
同州が「マリファナの中心地」になるのは間違いありません。

なぜこうした状況が創り出されているのか。
巨視的な観点からの分析が不可欠です。

(中略)


真実を見通す力が必要です。
強い幻覚作用がなぜ必要なのか。

「この世を忘れたい」と思う瞬間が到来するのか。
それは一体何なのか。

・・・いよいよ、です。
分かり、ますか?




───────────────────────────────────
◎ 本日(3日)発売の調査分析レポート《NEW!!》
───────────────────────────────────

◇音声レポート「日刊・原田武夫」(7月3日号) 11:30に発売開始!!
《詳細・お申込みはコチラへ⇒ https://goo.gl/9RWq05


「いよいよ“トランプフォン”で開戦事前通告か?
 ───2017年7月に起きる怒涛の展開を透徹する」



(中略)


《そして気になる「最新号」の内容は・・・・??》
◎日米マーケット“振り返り”:「原油価格を注視」「米国株の波及は」等
◎データ分析から考えるマーケット:「外国勢の攻勢が持つ意味」「7月の2つの山場」他
◎国際情勢から見るマーケット:「日米・米中電話首脳会談の意味」「カタールの動き」等
◎日本マーケットの“これから”:「都議選・自民党惨敗が持つ意味」「激変の7月」他

※お申込み・詳細は今すぐコチラへ:
URL  https://goo.gl/9RWq05  

※無料サンプルはこちら →  https://goo.gl/yb1sVa  




== FIN ==



スポンサーサイト

Comment

Add your comment