JIPANGと言われたとき、金の産出量では、日本は世界最大だった。江戸から明治へと歴史的に、日本は金銀の現物資産を大量に盗まれてきた。世界支配層による日本に対する搾取、盗み、タカリ、がなければ、日本人の平均所得は本来は1000万円を下らないレベルのはず。 

江戸時代には投資の市場ができ商人は穀物や金と銀の現物取引や先物取引さへ投資として行っていた。そして、金と銀への投資が他の金融商品、株、債権、通貨、FXと全く違う点は金と銀は価値資産としては”実物資産”であり、それ自体に価値があるということ。財務省と日銀の近年の財政政策、金融政策を見ると、将来的に、具体的には日本でのオリンピックのイベントの後で、国家財政デフォルト、国家財政破綻が、その可能性がゼロだとは...
Read More

世界の超富裕層(ユダヤ人や華僑)の、最終的なお金の稼ぎ方を使って、「※私」が稼いだお金を、富の再分配として、日本人のあなたに直接、タダで提供します。 

世界の超富裕層(ユダヤ人や華僑)の、最終的なお金の稼ぎ方はなんなのか?ユダヤ人や華僑は最終的にどんな稼ぎ方に行き着いて、彼らの莫大な資産は形成されたのか?それは、株でも債権でも為替の利ざやでもなく、金(や銀)という現物資産なのだ、とは想像できる。しかし、それをいったいどうやって、雪だるまのように、増やすのか?一般人はそれを簡単には知ることはできない。そんななか、お元気にお暮らしでしょうか? みなさん。こん...
Read More

「金融メルトダウン」は終わってなどいない。「根源的な階層」は最後の救済手段=「メガトン級の債務通貨の投入」を最終決定した。 

2018年2月。ここにきて、原田武夫氏が金融と通貨の、差し迫っている大きな変動について記事を公開した。それは、最初で最後の救済手段=「メガトン級の債務通貨の投入」がついに実行される、、というものだ。概略すると、次のようなことになる。=================「金融メルトダウン」は終わってなどいなかった。去る2008年に発生したリーマン・ショックの直後から対応策として様々な「弥縫策」、「その場限りに取り繕うための施策...
Read More