地球の内部は、円筒状の空洞になっている。北極と南極にぽっかりと大穴。『負の誘電率・負の透磁率』でできた地球内部の空洞に存在してきたアルザル人と、地表の邪悪で冷血な勢力との、闘いの歴史。 

地球の内部は円筒状の空洞になっていて、北極と南極は、この空洞の入り口があり、ぽっかり穴が開いている。マントルはヘビーな比重の物質がたぎっているわけではない。・1967年に人工衛星が北極と南極に、ぽっかりと大穴。地球空洞を映像として捉える。(大穴があいているように見えるが、実際に大穴があるとは単に常識的に否定されている。)南極の穴から地球の内部を探検した人=バード少将もいる。 自転する星が生きていれば星の...
Read More