「古墳」は「墓」である、とはまったくの思いこみだ。邪馬台国と卑弥呼が消滅して、近畿地方に大和王朝が成立した、とはこれもまったくの刷り込みだ。神武が121年に倭国豊ノ国に、邪馬台(やまと)王朝を建て、200年に卑弥呼が女王として即位した。 

近年、日本の歴史では弥生時代の次に古墳時代とし飛鳥時代ないし大和時代のまえにこれをはさむ。飛鳥、大和王朝の建国のまえの、豪族の連合の国の時代を古墳時代とし、この代表のイメージが卑弥呼であり、邪馬台国となっている。卑弥呼の邪馬台国は大和王朝が成立するまえの豪族の連合の国の時代を意味し、この邪馬台国と卑弥呼が消滅して、近畿地方に大和王朝が成立した、と日本人の圧倒的多数が、そのように認識し、生まれながら...
Read More