核の闇取引のマーケットは、国家を超えてマフィアがおこなうが、それでも仁義というものがある。核のパワーバランスを危うくするような取引は、諜報機関と軍を通して先制の懲罰がかかる。旅客機ごと消されて、顛末は隠され、永久にフェイドアウトさせてしまう。 

日航機123便は、相模湾上空、焼津沖上空 墜落現場へ至る上空で、おそらく核ミサイルの攻撃を受け、上記各勢力が派遣した偵察機、戦闘機と一部上陸軍が、日航機123便墜落現場・[高天原] へ至る上空と山地で、激しく交戦し、ほぼ全滅するほどの戦闘をおこなった。それは突然局地的に発生した多国籍が入り乱れての戦争だった。日航機123便の積荷「核兵器」をめぐって、ただそれだけのため、にこれだけの戦闘が発生したのである。国際...
Read More