日航機123便撃墜事件(結社グループ間の内乱による日米戦争)の再来となった、結社グループ間の内乱による、東日本大地震(地震兵器テロ)と福島第1原発爆発事故(原子炉爆破テロ) 

日本は今もって米国と交戦状態であり、同時に内戦が勃発しているのです。太平洋戦争の本質とは何か?それは、「陸軍と海軍の戦い」。もしも米国と戦争を始めなかったら、おそらく帝国陸軍と海軍の間で内戦が起きていたであろう。日航機123便撃墜事件の主犯「クロカモ」とは、旧帝国陸軍の残党であり、戦後も密かに組織を温存してきた。旧帝国陸軍と帝国海軍の、ふたつのグループに、さらに、系列として、在日米陸軍と米国海軍・海...
Read More