松浦優之博士の「AWG」電子波動照射機の紹介。それは癌においても100%の治癒率の実現が期待される。それはどのように革命的なのか。 

稲田芳弘『ガン呪縛を解く』が教えてくれたライフ博士の「癌完全治癒」 という記事で、レイモンド・ライフ博士の電子(光子)の振動周波数による「癌完全治癒」と、これへの弾圧。そして、ライフ博士の治療装置を生涯かけて再現する試みがあることに、触れた。その、ライフ博士の治療装置を生涯かけて再現というか、それ以上の装置を開発完成させていたのは、じつはそれは日本の松浦優之博士であり、「AWG」電子波動照射機という治療...
Read More

癌告知から十年を生き、ガン呪縛を解く、の警鐘活動を全うした稲田芳弘さん。彼が現代人に残してくれたもの。「癌完全治癒」への情報。血液は、骨髄ではなく腸でつくられる。「ソマチッド」を元気にするAWG電子波動照射機。 

稲田芳弘『ガン呪縛を解く』が教えてくれた、「癌完全治癒」への情報。・レイモンド・ライフ博士の、電子(光子)の振動周波数による「癌完全治癒」。・千島学説的パワー(白血病という癌には「骨髄バンク」なる医療システムができあがっているが)、血液をつくるのは、骨髄ではなく腸である。癌は血液の汚れの結果である。腸における血液の造血に、(ネサンが発見した)「ソマチッド」が関わっている。科学ジャーナリストの稲田芳弘は、...
Read More

ひとの血液のなかにいて、人間が死んでも生き続けるソマチッド。300度の高温でも5万レム放射線を浴びても死なない不死身の生物。意思や知性を持ったDNAの前駆物質である物理的生命体ソマチッド。 

ケベック系カナダ人のガストン・ネサン博士が、血液中に大量に存在する事を発見したソマチットについて。 http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12041422314.html 温かいリズム!温熱療法含め癌難病サポート協会名誉会長佐野千遥と宗像久男医師が講演  より引用ケベック系カナダ人のガストン・ネサン博士が最初、血液中に大量に存在する事を発見したソマチットについては現在休会になっていますが「日本ソマチット学会」という...
Read More

地球の内部は、円筒状の空洞になっている。北極と南極にぽっかりと大穴。『負の誘電率・負の透磁率』でできた地球内部の空洞に存在してきたアルザル人と、地表の邪悪で冷血な勢力との、闘いの歴史。 

地球の内部は円筒状の空洞になっていて、北極と南極は、この空洞の入り口があり、ぽっかり穴が開いている。マントルはヘビーな比重の物質がたぎっているわけではない。・1967年に人工衛星が北極と南極に、ぽっかりと大穴。地球空洞を映像として捉える。(大穴があいているように見えるが、実際に大穴があるとは単に常識的に否定されている。)南極の穴から地球の内部を探検した人=バード少将もいる。 自転する星が生きていれば星の...
Read More

Dr佐野千遥氏は、水虫菌を退治できない人類に向けて、水虫退治法の究極・ホタテ貝を焼いて粉のソマチット殺菌水、摂氏50度温水殺菌、の実証結果を携えて。帰ってきました。 

Dr佐野千遥氏は、最後のひとつ前の記事で、なんでも重度の水虫に罹って、あるくことも、座していることもできず、と告白されていたが、いらい一ヶ月ちかく、ブログ記事の更新も絶えていた。ソマチッドを体内にもどして免疫力を強力にする飲尿療法を奨められてはいたのに。Dr佐野千遥氏の、講演会直後の、5月からの水虫の悪化は尋常ではなかった。『5月3日以降、私の足に直径5センチの真皮ごとの巨大な水膨れが左右の足それぞれに3...
Read More