副島隆彦氏が、一部世界の経済自由人を熱狂させているビットコインについて、その成り立ち、背景、歴史的意味、これをめぐっての世界権力層側からの破壊や乗っ取り、を誰も言ってないビットコインの本質から簡潔に激烈に言う。 

副島隆彦氏の最新記事は自身の講演紹介で、そのテーマとなっているのは「ビットコイン」。その記事によれば、ビットコインは、リバータリアニズム Libertarianism  の思想から生まれた。ビットコインは、 「国家(政府)と税金 と 国境線」を越えて その外側に、自由に動き回れる 新しい お金(マネー)として生み出された。だから、今、ビットコインは、中国政府、日本政府、そしてアメリカ政府の官僚たちから、ものすごい...
Read More

日本のメガバンクは、今年の秋に、独自の暗号化された通貨を次々に市場に打ち上げる予定。コア技術を開発するのではなく、イスラエルのパートナーに完全に依存。アシュケナージのトロイの木馬が仕込まれることを、警告。 

現在、買い物や外食などで、仮想通貨ビットコインを使って支払いができる、実店舗は意外と多いのですが、それでも、現在ビットコインを所有している人は、ほとんどが、投資目的のはず。ビットコインなど暗号化通貨Encryption currencyである仮想通貨は、インターネットを媒介して流通しますが、各国の財務省、中央銀行といった通貨の信用を裏付ける機関を持たず、裏付ける機関を介在させないのが、強みであり弱みでもあります。裏...
Read More

原田武夫氏が数年前から言ってきた、日本の本当の権力の中心による、平成バブル以上の日本バブルと、ハイパーインフレを使った国家債務デフォルト(破綻)処理、が仕組まれている。そのうちの、平成バブルより強烈な日本バブル第二弾がついに始動した。 

原田武夫氏が数年前から言ってきた、日本の財務省と日銀とその背後の日本の本当の権力の中心が、平成バブル以上の日本バブルと、見かけはこれに反するような、ハイパーインフレを使った国家債務デフォルト(破綻)処理を、時間差で開くことになるが、同時並行で仕掛けている、ということ。原田武夫氏が予告したことは、たいてい数年遅れてやってくるが、その数年遅れで、それが今やって来たようだ。日本バブルの本体である、日本バブ...
Read More