大戦後の世界史の展開を密かに裏で動かしていた、あの日-華の資金といえる、天皇家の簿外資産というもの、その存在と、その役割に、もはやまったくの無知ではいられない。 

カタルーニャの地方議会は、その独立を宣言したばかりである。これにより、スペインは「Guerra Civil Espanola Version 2.0」第二次スペイン内戦につながる可能性が。カタルーニャでの地方自治への動きが波及して、ヨーロッパでの独立を求める各地の動きが自動的に再活性化され、必要に応じて物理的な内戦に踏み出される可能性がある。 このようにユーロ圏は解体へヨーロッパへの回帰に向かうとき、また、第二次大戦後の覇権国アメ...
Read More

まるごと合流に、横から「排除の論理」を小池百合子の頭に吹き込んだのは、小池の元愛人、あの男だ。安倍晋三が憲法改正を叫んでも、どうにもならないように、出来ている。だから安倍よ、世界を敵に回して、やれるものなら、やってみろ。 

こんどの選挙で引き起こされたこと。小沢一郎の戦略、野党統一候補構想「オリーブの木」の一環に、ちょうどあわせるように、そこにルアーの擬似餌の罠がかけられ、、野党統一候補のための、民進党の希望の党へのまるごと合流が持ち上がり、するとすぐに「排除の論理」が掛けられ、結果として、民進党分裂と希望の党への風の消滅が残された。民進党の希望の党へのまるごと合流に、横から「排除の論理」を小池百合子の頭の中に吹き込...
Read More

再開票しましょう(するわけない)!安倍一味の不正選挙が発覚します。そして過去の不正選挙記事を特集。 

開票所の支配者は、バーコードである。このバーコードは、「ムサシ開票マシーンが、発行」する。(このシステムは、どんどん人工知能になってゆく、のは必然である)不正選挙記事を特集です。リチャード・コシミズ独立党朝鮮悪, 不正選挙愛知7区、再開票しましょう!安倍一味の不正選挙が発覚します。(上記の記事を転載はじめ)愛知7区で無効票は1万1291票。無効票が多すぎて選管に抗議殺到。B層も不正選挙を知る時がきた。衆院...
Read More

今度の選挙の結果、「米国国家デフォルトの回避が、ほぼ、できなくなった。ユダヤ金融資本の跳梁跋扈の歴史に終焉の時が来た。」と(コシミズは)分析しますが。 

とりあえず、雨ふって地かたまる。リチャード・コシミズ公式サイト朝鮮悪, 不正選挙今回の選挙、我々の大勝利だと判断していますが。世界の夜明けなんですが。 Date: 2017年10月23日Author: richardkoshimizu15 コメント (上記記事を転載はじめ)自公が、不正選挙で三分の二を取ったから、もうおしまいだ?え、なんで?すぐさま、安倍一味は日中戦争を始める?無理でしょう。今度の選挙の結果、「米国国家デフォルトの回避が、ほ...
Read More

占領軍米軍を基地から撤退させ、日本の占領状態を終結させ、日本が独立国となるには。「憲法改正による外国軍撤退」という、フィリピンモデルをカードに、「周辺諸国との和解を実現した上での、新条約締結による外国軍撤退」というドイツモデルを目指す。 

「日米同盟」「ロング・バケーション」は終わり1945年8月15日の「敗戦」。天皇はこの「敗戦」を戦略的に使いました。 このときあえて、天皇は「日米同盟」を選択したのです。そして米国の核の傘のもと、日本は占領統治されたままに、属国日本は表向き繁栄し、「ロング・バケーション」に。しかし、ついに日米同盟」という「ロング・バケーション」は終わりに近づいています。これから体験する本当の出来事。それは「真の主権回復...
Read More