トランプ大統領とロシア・プーチンとの間のほら話『ロシア・ゲート事件』は、ヒラリー・クリントンの国家犯罪、戦争犯罪=「ベンガジ事件、通称、ヒラリーのメール私用問題」の捜査、ヒラリー収監をストップさせるため。 

トランプ米大統領がFBI長官ジェームズ・コミーを解任。すると解任された前FBI長官コミー氏が反撃開始。『昨年の米大統領選でのトランプ陣営とロシアの結託疑惑を捜査中だったコミー氏にトランプ米大統領から当該疑惑捜査を止めるよう圧力があった』とコミー氏が米国メディアに暴露。そこから、『トランプ大統領がロシアのプーチン陣営に米国の国家機密情報を密かに流した』という疑惑まで膨らませている。というふうに米国メディア...
Read More

加計学園問題、前川前次官が会見で「疑惑の核心」を明確に示した。一方「総理の意向」を示す「文科省の内部文書」を官邸は怪文書扱い。加えて官邸は前川氏スキャンダルを読売新聞にリークし前川潰し。 

安倍首相の「腹心の友」が理事長を務める加計学園の獣医学部新設が「総理の意向」で進められたことを示す「文科省の内部文書」を、官邸は怪文書扱い。この文書について「本物だ」と断言する前文科省事務次官前川氏がメディアの取材に応じると、安倍官邸は前川氏スキャンダル情報を読売新聞にリークして、前川潰しにかかった。さらには、菅官房長官は、前川氏は「地位に恋々としがみつき、最終的にお辞めになった方」と、前川氏をお...
Read More

売国奴首相の心臓が止まる!<本澤二郎の「日本の風景」<籠池爆弾がさく裂><ごみ処理8億円の値引きはねつ造> 

籠池爆弾がさく裂「地中に汚染物質が埋まっている、処理に8億円かかる」って、嘘でした。「地中にゴミなどありません」教育勅語・神道小学校建設のために、広大な国有地をタダ同然に払い下げるための、あまりにも大胆すぎる仕掛けをした安倍夫妻。競争入札を排除、国交省に土地の代金を決めさせ、財務省を動員して「地中に汚染物質が埋まっている。これの処理に8億円かかる」という嘘で固めた政府上げての、複雑な方程式を用いた...
Read More

加計学園グループ岡山理科大学「国家戦略特区で獣医学部を新設」に関する「総理の口利き」疑惑に、ついに決定的証拠、朝日新聞がスクープ。 

朝日が入手したのは、「総理の口利き」を示す「文科省が作成した複数の内部文書」。岡山理科大学 獣医学部の「新設」と大学への「市有地を無償譲渡」と愛媛県と今治市からの「96億円の助成」をめぐる、「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」、という安倍首相の進退にかかわる「決定的証拠」。加計学園グループ加計学園系列加計孝太郎(加計学園の創立者・加計勉の長男)によって運営されている系列。順正学園系列加...
Read More

原田武夫氏。米政府は明らかに「PLAN B」に進む、2017年7月の前半、米軍は、金正恩に突然 "戦撃"を開始する。 

原田武夫氏がIISIAのブログで重要な英文記事を4月30日に書いています。題して『At the dawn of the 2nd Korean War』勝手に翻訳し抜粋、要約、紹介します。http://haradatakeo.com/?p=671742017年04月30日 # At the dawn of the 2nd Korean War .ブログ 米国のマイク・ペンス副大統領は、金正恩との最終的な外交交渉のために、北朝鮮に「驚きの」訪問をしなかった。米政府は明らかに「PLAN B」に前進することを決めた。第二次朝...
Read More