大電力は100㎞の送電ができない?大電力送電の大嘘。地方から都市部への大電力送電は神話です。地下に多くの原子力発電所が作られている。送電で減衰を盛り返すための変電所でも、地下に減衰を盛り返すための小型原発が作られている。 

■地方から都市部への大電力送電は神話です■電力はどこから来るのか、どこに消えるのか?■地下に多くの原子力発電所が作られているこれには、原子力潜水艦などに搭載される、小型原子炉を用いた小規模発電装置も含まれ、その総数は日本全国で数千基、もしかしたら1万基を超えている可能性すら考えられるのです。幸いなことに、日本には豊かな地下水脈があり冷却水にはそれほど困らない。汚染排水は水脈を使うか、地表近くの下水管な...
Read More

トランプ米大統領は、名古屋の地下空間を発生源とする深刻な地上事故を把握し、警告するために、世界=日本からの鉄鋼輸入制限を、決定した。 

・流出自体は止まったようです。想像ですが完全封鎖(石棺化)に踏み切ったからでしょう。・後はもう雨頼みしかありません。この地に最初の長雨が通り過ぎるまで、どうか記事中の注意事項を怠らないでください。・対策用食品(調味料)として、宝酒造の「本みりん」をあげておきます。・対策を簡単に言えば日々の入浴と掃除・和食だけであり、日本人が従来やってきたことでしかありません。このような事態を迎えることで、改めて祖先の...
Read More

東京で何十年も燃えていた呪いの炎=人工知能電磁波によるサブリミナル効果=「脳波乗っ取り遠隔催眠術」の電磁波は消滅し、ある霊に天皇と皇后が復活し、33番目の聖なる炎で東京を支配し始めた。 

日本、東京に巣くうサタニスト(悪魔崇拝者)が、完全に改心するとき。人工知能を安置したパノプティコン神殿稼働がもたらす、日本、東京を覆ってきた人工知能電磁波によるサブリミナル効果=「脳波乗っ取り遠隔催眠術」は効力を失う。成田で何十年も燃えていた呪いの炎は完全に消滅してしまった。 ある霊に存在する天皇と皇后が復活し、33番目の聖なる炎で聖都を支配し始めました。(以下の記事を転載はじめ)新・日本の黒い霧 http://...
Read More

広島長崎の原爆は日本製 地上起爆の根拠。理研の仁科・武谷原爆はウラン10%濃縮で使えた。これに水を加えると立派な核爆発になる。広島で使われたのは、このウランの大砲爆弾だった(広島に続いて長崎も)クレーターもできなかった 

「新・日本の黒い霧」さんの今月の記事『広島・長崎は地上起爆だったのか?記事発表から1年、私が至った結論は空中でも地上でもない。すなわち、核起爆などなかった』にたいする、ひとつの答えです。「広島の仁科型原爆は、10%濃縮で水をかけるだけで起爆というもの」これが広島長崎の原爆は日本製 地上起爆、の根拠となるものです。 それは今日の核起爆と言われるものではなかった。ロシアの声 http://jp.sputniknews.com/ja...
Read More

広島・長崎の原爆は、空中起爆でも地上起爆でもない。核起爆などなかった。 

当ブログで前回の記事 『長崎原爆は「地上起爆」。長崎の原爆は日米秘密結社の共同作戦であった。』 で、「新・日本の黒い霧」 http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/8db98dfadbfda6a9ec6c1d3d27e5b33e 改ざんの日本史-長崎原爆投下の真実(1)2016-06-18 16:53:15 | 改ざんの日本史 を特集して転載しました。そして、上記の『改ざんの日本史-長崎原爆投下の真実(1)』から一年後の記事更新、この記事への返答になる、「新・日本の黒い霧...
Read More