シナ文明を「独立文明」とし日本を「衛星文明」とした歴史家トインビーは、日本の縄文を見縊っていた。日本原住の縄文シュメール人がメソポタミアに渡り世界最古の高度シュメール文明を興したとは、知らなかったようだ。 

シナ文明を「親文明」「独立文明」とし日本を「子文明」「衛星文明」とした世界の大歴史家トインビーは、日本の縄文文明をまったく見縊(みくび)っていた。日本原住の縄文シュメール人がメソポタミアに渡り縄文の高度な智慧をもって世界最古の文明、高度シュメール文明を開闢したとは、まだ彼は知らなかった。まして、言語学や遺伝子研究の成果を、つまり、YAP遺伝子をもった言語族の民族がどの地域で生まれどの地域に移動しまたど...
Read More

縄文文明って、何ですか?縄文遺跡について歴史を揺るがす発見。遺伝子研究により縄文人と世界における系譜、もわかってきました。 

近年、縄文遺跡について歴史を揺るがす発見と縄文文化縄文文明についての見方が大きく変化がありました。遺伝子研究により縄文人と世界における系譜、もわかってきました。縄文文明って、何ですか? yahoo!知恵袋 日本文明のルーツは中国文明らしいですが、(上記記事より引用はじめ)日本文明のルーツは中国文明らしいですが、縄文文明はたいしたことなかったのですか??補足あの・・・宇宙人がルーツとか言ってる方は、病院に連れ...
Read More

神武天皇の東征。神武は瀬戸内、近畿へと東征しなかった。近畿にヤマト王朝の元をつくったわけではない。 

古事記、日本書紀は、「多次元同時存在の法則」と言う法則があり、その法則により書かれているらしい。その法則は、次の通りである。・神の世界故、時間と空間を超越する。・神は分身を造ることができる。・その分身は別名として表現される。・同じ名前の神(同じ「読み」を含む神)は、同一神である。これでは、歴史と考古学が成立しない。たとえば、神武天皇、ヤマトタケル、には東征のはなしがある。神武天皇、ヤマトタケルの、...
Read More

「古墳」は「墓」である、とはまったくの思いこみだ。邪馬台国と卑弥呼が消滅して、近畿地方に大和王朝が成立した、とはこれもまったくの刷り込みだ。神武が121年に倭国豊ノ国に、邪馬台(やまと)王朝を建て、200年に卑弥呼が女王として即位した。 

近年、日本の歴史では弥生時代の次に古墳時代とし飛鳥時代ないし大和時代のまえにこれをはさむ。飛鳥、大和王朝の建国のまえの、豪族の連合の国の時代を古墳時代とし、この代表のイメージが卑弥呼であり、邪馬台国となっている。卑弥呼の邪馬台国は大和王朝が成立するまえの豪族の連合の国の時代を意味し、この邪馬台国と卑弥呼が消滅して、近畿地方に大和王朝が成立した、と日本人の圧倒的多数が、そのように認識し、生まれながら...
Read More

スサノオ 素戔男尊の出雲王国は、九州豊ノ国の安心院が本拠地。素戔男尊はニギハヤヒ 饒速日尊=天照大神に豊ノ国で処刑され、島根の出雲へは素戔男尊の子と一族が追放された。スサノオは天照大神に「国譲り」などしていない。 

日本の古代史は、大間違いの神話と故事があまりにも多く、間違いの度合いも、悲惨すぎる。スサノオによる出雲王国は、現代もあの出雲がある、島根ではなく、九州の北東部の豊ノ国を指し、現・大分県、安心院(あじむ)の出雲、が根拠地。ニギハヤヒ 饒速日尊は、たじからのみこと 手刀男命の手助けで、天の香(具)山の岩屋戸(なつは なつよし 夏羽 焼の荘)で スサノオを処刑。石のスレートで圧死。もちろんスサノオはニギハヤヒ=...
Read More