原田武夫氏が、「第二次朝鮮戦争前夜」に考える。という記事を公開した。国民国家、国債、中央銀行、国際金融資本、根源的な階層(=王族たち)、をキーパーソンとして、戦争の仕組みを考える。 

IISYA代表 原田武夫氏が「第二次朝鮮戦争前夜」に考える。というブログ記事をホームページに公開した。要約させていただくと、ーーーーー「第二次朝鮮戦争が勃発か?」といった流れになっている。つい70年余り前までであれば我が国も積極的に開戦・参戦となるはずであったであろうに、我が国の街中では、平然かつ淡々と日々の営みが繰り広げられている。ある意味異様と言えば異様であり、同時にウルトラ・モダンでシュールである...
Read More

広島・長崎の原爆は、空中起爆でも地上起爆でもない。核起爆などなかった。 

当ブログで前回の記事 『長崎原爆は「地上起爆」。長崎の原爆は日米秘密結社の共同作戦であった。』 で、「新・日本の黒い霧」 http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/8db98dfadbfda6a9ec6c1d3d27e5b33e 改ざんの日本史-長崎原爆投下の真実(1)2016-06-18 16:53:15 | 改ざんの日本史 を特集して転載しました。そして、上記の『改ざんの日本史-長崎原爆投下の真実(1)』から一年後の記事更新、この記事への返答になる、「新・日本の黒い霧...
Read More

長崎原爆は「地上起爆」。長崎の原爆は日米秘密結社の共同作戦であった。 

「新・日本の黒い霧」さんが、昨年2016年6月18日に書かれていた、改ざんの日本史-長崎原爆投下の真実(1) を紹介します。「新・日本の黒い霧」では、広島原爆については、「旧陸軍士官が語った歴史の真実(2) 」で、原爆投下にやってきたのは、エノラ・ゲイではなかった、と注目の記事を書いていましたが。長崎原爆については、ついに「地上起爆」に踏み込みました。爆心地を日本側で変更、改ざん、していること、米軍側写真で浦上...
Read More

あの日航機123便墜落撃墜事件に姿を現した、日本の奥の院=国体勢力 に巣くう、国民を密かに武力支配する非合法超法規(国の権力が及ばない)勢力=通称「クロカモ」の正体を 暴き出す。 

日本の奥の院=国体勢力 に巣くう、国民を密かに武力支配する非合法超法規(国の権力が及ばない)勢力=通称「クロカモ」の正体を 暴き出す。非合法超法規勢力=通称「クロカモ」が、日本の歴史にそれとして姿を見せたのが、あの日航機123便墜落撃墜事件、だった。墜落機の御巣鷹山の現場に、生存者救出のため、のはずの、どこよりも早く、到着し現れた自衛隊が、それだ。自衛隊のかっこうをした偽自衛隊あるいは自衛隊の非公式展開部...
Read More

松浦優之博士の「AWG」電子波動照射機の紹介。それは癌においても100%の治癒率の実現が期待される。それはどのように革命的なのか。 

稲田芳弘『ガン呪縛を解く』が教えてくれたライフ博士の「癌完全治癒」 という記事で、レイモンド・ライフ博士の電子(光子)の振動周波数による「癌完全治癒」と、これへの弾圧。そして、ライフ博士の治療装置を生涯かけて再現する試みがあることに、触れた。その、ライフ博士の治療装置を生涯かけて再現というか、それ以上の装置を開発完成させていたのは、じつはそれは日本の松浦優之博士であり、「AWG」電子波動照射機という治療...
Read More